あかねの通院歴(2011/4~5、2013/6~8、2015/7、2016/10)

【あかねの通院歴】

[2011年春 嘔吐&食欲不振]

2011/4/30
 エコー
 点滴+注射

2011/5/1
 点滴
 プロナミド錠5mg (犬:上部消化管(胃及び十二指腸)運動機能低下に伴う食欲不振及び嘔吐の改善 )
 ガモファー10mg (胃酸の出過ぎを抑え、胃や十二指腸や食道の炎症をしずめる)
 ニチファーゲン配合錠 (慢性肝疾患の肝機能異常の改善)
 各1回1錠ずつ1日2回×7日

2011/5/8
 ガモファー10mg (胃酸の出過ぎを抑え、胃や十二指腸や食道の炎症をしずめる)
 ニチファーゲン配合錠 (慢性肝疾患の肝機能異常の改善)
 各1回1錠ずつ1日2回×14日

[2013/6~8 不正出血]

2013/6/16(日) 子宮蓄膿症を心配して病院へ
          初診:消炎のためプレドニゾロン(副腎皮質ホルモン)錠処方
          甲状腺ホルモン低下症による疾患の疑いで血液検査

2013/6/22(土) 血液検査結果異状なし(T4:2.0 FT4:1.4、TSH0.123)、
          錠剤3種処方
          プレドニゾロン(副腎皮質ホルモン)
          セファレキシン錠(抗生剤)朝夕3/4錠×7日
          ヨウキサミン錠(抗炎症剤)朝夕1錠×7日

2013/6/30(日) 症状はほぼ沈静化、念のためもう1週間服薬
          プレドニゾロン(副腎皮質ホルモン)1/2錠×3日、1/4錠×4日
          セファレキシン錠(抗生剤)朝夕3/4錠×8日
          トラネキサム酸錠(消炎止血剤)朝夕1錠×8日

2013/7/7(日) 症状は消えたが副腎皮質ホルモン服用後、食欲増進
          時間がたつと食欲不振となり、体調に波があるため、
          副腎皮質ホルモンを徐々に減らして経過観察
          プレドニゾロン(副腎皮質ホルモン)1/4錠を3日に1回
          2週間後に再診

2013/7/14(日) 7/13に症状再発、プレドニゾロンの服用を中止し
          抗生剤を注射、2週間後に再診
          エコーで子宮部に1センチ程度の水疱が見える
          子宮部に細菌が入ったと想定されるが緊急性は低い
          子宮の病気を心配するのであれば、避妊手術も要検討

2013/7/27(土) 7/27血液交じりのおりものがあり再診、
           避妊手術も覚悟の上で通院したが、手術は見送ることに
       
          「エコーで水疱が見えるが小さいのでそれほど心配はいらない
          子宮蓄膿症は、膿が外に出ないで子宮が膿でいっぱいになるが
          あかねの場合、開放性(外にだらだら出ている)
          また、出ている体液も、それほど嫌な臭いがなく量も少ない
          元気で食欲があり、排尿もいつも通りであれば緊急性は低い」
          抗生剤を注射、トラネキサム酸錠(消炎止血剤)朝夕1錠×7日

2013/8/12(月) 完治
           抜け毛が激しいため通院、ビタミン剤処方(1日1回×14日)
          「皮膚の症状によく効く薬はホルモンに影響があるので
          処方したくない。ビタミン剤は急には効果が出ないが
          気長に様子を見てほしい」  

[2015/7~ 不正出血]

2015/7/22(水) 1週間くらい前から血液混じりのおりものがあり、
          子宮蓄膿症を心配して病院へ
          エコーで見たところ子宮に異常はなく、膣部分の炎症の疑い
          セファレキシン(抗生剤)朝夕1錠×10日
          トラネキサム酸錠(消炎止血剤)朝夕1錠×10日 
          水分の摂取不足、食事に水を足して毎食水を摂らせるように

2015/8/1(土) 処方薬1週間ほどで症状消滅、完治

[2016/8~11 生理不順]

2016/10/2(日) いつものサイクルなら、8/15から9/15頃にヒートのはずが
        一向にその気配がないので、子宮蓄膿症の心配もあり病院へ
        食欲があって元気があり、排尿量が普段と変わりなければそのまま様子をみるように
        高齢になるとサイクルが不規則になることもある
        (ヒトと違って、犬にはホルモン剤投与で生理を起こすことはしませんよ、とのこと)
        食欲がなくなり、元気がなく、大量に排尿するようになったら要来院・要検査
スポンサーサイト
あかねの健康 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2006/03/12 21:46
 | HOME | Next »